コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野勘治 やの かんじ

1件 の用語解説(矢野勘治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野勘治 やの-かんじ

1880-1961 明治-昭和時代の銀行家,歌人。
明治13年12月20日生まれ。一高時代に正岡子規の門にはいり,短歌や俳句をまなぶ。東京帝大卒業後,横浜正金銀行にはいり,大阪支店長,取締役などをつとめた。一高時代の明治34年同高西寮寮歌「春爛漫(らんまん)の花の色」,35年東寮寮歌「嗚呼(ああ)玉杯に花うけて」を作詞した。昭和36年6月18日死去。80歳。兵庫県出身。旧姓は三木。俳号は興安嶺。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の矢野勘治の言及

【学生歌】より

…94年に第一高等学校(一高)となり,翌年の寮開設記念祭から毎年寮歌を作りはじめた。はじめは唱歌,軍歌の替歌であったが,1901年の《アムール河の》(塩田環作詞,栗林宇一作曲),《春爛漫の》(矢野勘治作詞,豊原雄太郎作曲)あたりから学生自身が作曲するようになった。翌02年の《嗚呼玉杯に》(矢野勘治作詞,楠正一作曲)は,新時代を象徴する歌として演歌師によっても歌い広められ,学生のみならず一般の流行歌となった。…

※「矢野勘治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矢野勘治の関連キーワード明石照男伊東祐夫串田万蔵原口徠堀武芳村田房之助森永助山口吉郎兵衛(4代)山室宗文渡辺義郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢野勘治の関連情報