コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野拙斎 やの せっさい

1件 の用語解説(矢野拙斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野拙斎 やの-せっさい

1662-1732 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文2年生まれ。矢野容斎の父。京都で闇斎(あんさい)学をまなぶ。江戸に出,柳沢吉保にまねかれ,徳川綱吉の侍講をつとめる。ついで高崎藩主大河内輝貞につかえるが,のち辞して山中久右衛門の名で市井でおしえた。享保(きょうほう)17年1月12日死去。71歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は義道。通称は理平。著作に「児訓集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢野拙斎の関連キーワード筒井村作兵衛若林強斎山科別院山科本願寺小野権右衛門伊丹勝長江戸座からくり三方五湖手話言語条例をめぐる動き

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone