矢野拙斎(読み)やの せっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野拙斎 やの-せっさい

1662-1732 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文2年生まれ。矢野容斎の父。京都で闇斎(あんさい)学をまなぶ。江戸に出,柳沢吉保にまねかれ,徳川綱吉侍講をつとめる。ついで高崎藩主大河内輝貞につかえるが,のち辞して山中久右衛門の名で市井でおしえた。享保(きょうほう)17年1月12日死去。71歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は義道。通称は理平。著作に「児訓集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android