知夫赤壁(読み)ちぶりせきへき

世界大百科事典 第2版「知夫赤壁」の解説

ちぶせきへき【知夫赤壁】

島根県隠岐郡知夫村,隠岐諸島の知夫里(ちぶり)島西岸にある風海食によってつくられた断崖。知夫港の北西約5kmの海岸に玄武岩の溶岩の多彩な互層が約1kmにわたって続き,海面からの高さは50~200mある。昇竜岩,臥竜(がりゆう)岩などの奇岩がみられ,岩脈の形も珍しい。国の名勝,天然記念物に指定され,大山隠岐国立公園の一部をなす。【池田 善昭】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android