コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知的直観 チテキチョッカン

デジタル大辞泉の解説

ちてき‐ちょっかん〔‐チヨククワン〕【知的直観】

哲学で、超感性的なものや事物本質を感性的直観媒介論証などの手段によることなく、直接的に把握する英知的な認識能力。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちてきちょっかん【知的直観】

現象を超えた根本的実在を、理性・観想など知性的働きによって直観すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知的直観の関連キーワードカント(Immanuel Kant)先験的観念論ドイツ観念論形而上学直観主義不可知論実践理性ヌース可想界エチカ哲学実在観想働き悟性現象理性

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android