コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短縮法 たんしゅくほうforeshortening

翻訳|foreshortening

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短縮法
たんしゅくほう
foreshortening

遠近法の一種。建築や風景などに適用されたそれでなく,主として人体に用いられた場合をさす。立ち,あるいは横たわっている人体を頭から,あるいは足元から見てその極端に短縮された形を描くもので,マンテーニャの『死せるキリスト』 (ミラノ,ブレラ絵画館) はその好例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんしゅくほう【短縮法 foreshortening】

斜めに置かれた物体は,実長よりも短く見える。このような,実際より短く見える人体や物体を二次元平面に描くことを短縮法という。描かれた人体や物体は,その短縮の度合が強ければ強いほど,観者に強い現実感をもたらす効果がある。古典主義的絵画は,個体が,もっとも明晰かつ簡潔,典型的形態において見られることを望んだため,極端な短縮法を自制する傾向があった(マンテーニャの《死せるキリスト》は,15世紀におけるまれな作例である)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

短縮法の関連キーワードメロッツォ・ダ・フォルリメロッツォ・ダ・フォルリイリュージョニスムソット・イン・スオートメーション月経周期調節ブレラ美術館シケイロスコレッジョウッチェロ聖母被昇天セスペデスバチッチアパドバ派遠近法正面性

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短縮法の関連情報