コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石丸忠兵衛 いしまる ちゅうべえ

1件 の用語解説(石丸忠兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石丸忠兵衛 いしまる-ちゅうべえ

1586-1658 江戸時代前期の開拓者。
天正(てんしょう)14年生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)越智郡(おちぐん)の人。寛永9年松山藩の許可をうけ,野々瀬の原野に新田をひらいたが,今治(いまばり)藩領にまたがっていたため無駄骨におわる。11年から長沢村と桜井村の境界にある湿地を干拓。忠兵衛村と名づけられ,初代庄屋に任命された。万治(まんじ)元年9月4日死去。73歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石丸忠兵衛の関連キーワード曾我古祐府内アウラングゼーブ伊藤出羽掾小野善助(初代)山村松庵渡辺銅意アウラングゼーブスコーネ滑り唄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone