コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井歓 いしい かん

1件 の用語解説(石井歓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井歓 いしい-かん

1921-2009 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正10年3月30日生まれ。舞踏家石井漠の長男。作曲家石井真木の兄。昭和24年音楽コンクールで「前奏曲」が1位。27年ドイツに留学,オルフらに師事。オペラから合唱音楽,舞踊音楽,室内楽まで多岐にわたる作品を発表,ダイナミックな作風で知られる。代表作にオペラ「袈裟と盛遠」,交声曲「枯木と太陽の歌」など。桐朋学園大,愛知県立芸大の教授をつとめた。平成21年11月24日死去。88歳。東京出身。武蔵野音楽学校(現武蔵野音大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の石井歓の言及

【バレエ音楽】より

… 日本では,1910年代後半から20年代初めにかけて山田耕筰石井漠小山内薫の協力を得て創作した舞踊詩(《青い焰》《マリア・マグダレーナ》《野人創造》)がある。また第2次大戦後の作品では,伊福部昭(1914‐ )の《サロメ》(1948)と《プロメテの火》(1950),石井歓(1921‐ )の《まりも》(1962),間宮芳生(1929‐ )の《祇園祭》(1963)などが成功している。【後藤 暢子】。…

※「石井歓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石井歓の関連キーワード千葉治平青木和夫岩崎敏夫江幡修三相良亨辻隆長岡毅中義勝伴義雄樋渡宏一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井歓の関連情報