コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井真木 いしい まき

2件 の用語解説(石井真木の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井真木 いしい-まき

1936-2003 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和11年5月28日生まれ。石井漠の3男。石井歓の弟。池内友次郎,伊福部昭,ボリス=ブラッハーらに師事。口音技法,電子音楽から雅楽までの技法を導入した作品を発表。昭和42年日独現代音楽祭を入野義朗らと組織。51年「日本太鼓とオーケストラのためのモノプリズム」で尾高賞。作品に「響層」「輝夜姫」など。平成15年4月8日死去。66歳。東京出身。ベルリン音大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石井真木
いしいまき
(1936―2003)

作曲家。舞踊家石井漠(ばく)の三男として東京に生まれる。池内友次郎(いけのうちともじろう)(1906―91)、伊福部昭(いふくべあきら)に師事したのち、1958年(昭和33)ドイツへ渡りベルリン音楽大学作曲科に入学、作曲をボリス・ブラッハーに、十二音技法を音楽学者のヨーゼフ・ルーファーJosef Rufer(1893―1985)に師事する。60年、ベルリンで開かれた「日独修好100年記念コンサート」で『小オーケストラのための7章』が初演される。62年に帰国記念として「石井真木作品発表会」を開催。以後、日本とドイツを拠点に創作活動を行った。
 セリー技法による『四つのバガテレン』(1961)、不確定性を取り入れた『アフォリスメン』(1963)、テープ音楽『波紋』(1965)など、第二次世界大戦後の欧米の前衛技法による作品を発表したのち、雅楽とオーケストラのための『遭遇』(1971)、琵琶(びわ)、ハープ、尺八、フルート、オーケストラのための『ポラリテーテン』(1973)、日本太鼓群とオーケストラのための『モノプリズム』(1976。第25回尾高賞受賞)など、邦楽器に前衛音楽の手法でアプローチした作品を発表。その立場から1980年代以降は、バレエのための『輝夜姫(かぐやひめ)』(1985)、オペラ『閉じられた舟』(1999)などの舞台作品を発表した。1976年(昭和51)から現代音楽祭「パンムジーク・フェスティバル」の主宰をはじめ、音楽祭の企画・構成も手がけた。1980年ベルリン芸術祭優秀賞受賞、99年には紫綬(しじゅ)褒章を受章した。[楢崎洋子]
『岩城宏之・石井真木他著『行動する作曲家たち――岩城宏之対談集』(1986・新潮社) ▽安永徹・石井真木他著『音楽って何だろう――安永徹対談集』(1990・新潮社) ▽石井真木編著『西の響き・東の響き 石井真木の音楽――二つの音世界からの創造』(1997・音楽之友社) ▽日本芸術文化振興会、国立劇場調査養成部芸能調査室監修・編『現代の日本音楽第3集 石井真木作品』(1999・春秋社)』
「『石井真木作品集』(1990~96・フォンテック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石井真木の関連キーワード北村治池上忠治市村緑郎大久保直彦奥田小由女木村汎玉那覇有公永井鉄太郎林郁町田顕

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone