コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井輝男 イシイテルオ

2件 の用語解説(石井輝男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしい‐てるお〔いしゐてるを〕【石井輝男】

[1924~2005]映画監督。東京の生まれ。本名、北川輝男。「網走番外地シリーズで人気を得る。のち、ポルノ映画カルト映画を手がける。代表作「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」「無頼平野」「ねじ式」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石井輝男【いしいてるお】

映画監督。東京生れ。早稲田実業中退後,1942年東宝入社。1947年新東宝設立に参加し,助監督・脚本家をへて《リングの王者・栄光の世界》(1957年)で監督デビュー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の石井輝男の言及

【網走番外地】より

…第2作からはカラーになって,同じ主人公が服役しては,やがて出所して事件を解決するというパターンで連作された。初めの10本はすべて石井輝男監督(うち9本は脚本も)により,橘真一という主人公のほか,嵐寛寿郎の演ずる老やくざ・鬼寅,田中邦衛による相棒,由利徹によるホモの囚人など,脇(わき)の人物もほぼ共通し,連続性が見られる。第11作《新網走番外地》以降の新シリーズは,主人公の名まえも末広勝治に変わり,マキノ雅弘監督1本,佐伯清監督1本を経て,降旗康男監督に定着。…

【怪奇映画】より

…とりわけ,中川信夫監督の《地獄》(1960)は,日本には珍しく心理的要素の濃い怪奇幻想劇である。また,江戸川乱歩作《パノラマ島綺譚》《孤島の鬼》などに基づく石井輝男監督の《恐怖奇形人間》(1969)は,マッド・サイエンティストを日本的怨念の風土に配した異色作である。また,《巨人ゴーレム》を,日本の時代劇(悪徳領主の圧制)に置きかえた特撮ファンタジー《大魔神》シリーズ(1966)などのように翻案物の怪奇映画もある。…

※「石井輝男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

石井輝男の関連キーワード出生率リー イーユン東映(株)高校野球父を売る子フランス映画いたばし太郎アン リーヤマト運輸(株)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井輝男の関連情報