コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井輝男 イシイテルオ

2件 の用語解説(石井輝男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしい‐てるお〔いしゐてるを〕【石井輝男】

[1924~2005]映画監督。東京の生まれ。本名、北川輝男。「網走番外地シリーズで人気を得る。のち、ポルノ映画カルト映画を手がける。代表作「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」「無頼平野」「ねじ式」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石井輝男【いしいてるお】

映画監督。東京生れ。早稲田実業中退後,1942年東宝入社。1947年新東宝設立に参加し,助監督・脚本家をへて《リングの王者・栄光の世界》(1957年)で監督デビュー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の石井輝男の言及

【網走番外地】より

…第2作からはカラーになって,同じ主人公が服役しては,やがて出所して事件を解決するというパターンで連作された。初めの10本はすべて石井輝男監督(うち9本は脚本も)により,橘真一という主人公のほか,嵐寛寿郎の演ずる老やくざ・鬼寅,田中邦衛による相棒,由利徹によるホモの囚人など,脇(わき)の人物もほぼ共通し,連続性が見られる。第11作《新網走番外地》以降の新シリーズは,主人公の名まえも末広勝治に変わり,マキノ雅弘監督1本,佐伯清監督1本を経て,降旗康男監督に定着。…

【怪奇映画】より

…とりわけ,中川信夫監督の《地獄》(1960)は,日本には珍しく心理的要素の濃い怪奇幻想劇である。また,江戸川乱歩作《パノラマ島綺譚》《孤島の鬼》などに基づく石井輝男監督の《恐怖奇形人間》(1969)は,マッド・サイエンティストを日本的怨念の風土に配した異色作である。また,《巨人ゴーレム》を,日本の時代劇(悪徳領主の圧制)に置きかえた特撮ファンタジー《大魔神》シリーズ(1966)などのように翻案物の怪奇映画もある。…

※「石井輝男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石井輝男の関連キーワード映画監督押井守青山真治市川準岩井俊二金子修介阪本順治篠原哲雄塚本晋也手塚真

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井輝男の関連情報