コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つげ義春 つげよしはる

5件 の用語解説(つげ義春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

つげ義春
つげよしはる

[生]1937.10.31. 東京
漫画家。本名,柘植義春。メッキ工場などで働き,1953年『白面夜叉』でデビュー。 66~68年『ガロ』誌に掲載された『紅い花』,『沼』,『李さん一家』などの一連の作品で注目され,68年発表の代表作『ねじ式』は二十数ページの小品ながら,その芸術性と不条理性が大きな反響を呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

つげ義春

1937年、東京都葛飾区生まれ。白土三平の「カムイ伝」などが掲載された漫画雑誌「ガロ」で、60年代後半を中心に活躍した漫画家。代表作に「ねじ式」「ゲンセンカン主人」「無能の人」などがある。「貧困旅行記」は91年に晶文社から刊行された紀行文。

(2010-08-18 朝日新聞 朝刊 山梨全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つげ‐よしはる【つげ義春】

[1937~ ]漫画家。東京の生まれ。本名、柘植(つげ)義春。独特な暗いタッチで、不条理な人間の情念を描き出す幻想的な作品が全共闘世代の共感を得る。代表作「ねじ式」「紅い花」「無能の人」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

つげ義春【つげよしはる】

漫画家。本名柘植義春。東京生れ。本田小学卒業後,メッキ工場などさまざまな職業につく。1953年貸本漫画《白面夜叉》でデビュー。1966年雑誌《ガロ》に《沼》を発表,娯楽性の希薄な独特の作風が注目される。
→関連項目石井輝男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

つげ義春 つげ-よしはる

1937- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和12年10月30日生まれ。昭和30年貸本屋用単行本の「白面夜叉(やしゃ)」でデビュー。43年「ガロ」掲載の「ねじ式」は少年の心の奥ふかくにひそむ情念をふしぎな感覚でえがいて注目される。作品はほかに「沼」「無能の人」,紀行「貧困旅行記」など。「無能の人」「ゲンセンカン主人」「ねじ式」が映画化された。東京出身。本名は柘植(つげ)義春。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

つげ義春の関連キーワード小島功滝田ゆう馬場のぼる福地泡介水島新司秋竜山杉浦日向子所ゆきよし山田紳勝又進

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

つげ義春の関連情報