コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井雨考 いしい うこう

1件 の用語解説(石井雨考の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井雨考 いしい-うこう

1749-1827 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延2年生まれ。陸奥(むつ)須賀川(福島県)の人。同郷の亜欧堂田善としたしかった。二階堂桃祖に俳諧(はいかい)をまなんだ。夏目成美(せいび)と交遊し,その世話をうけて文化11年句集「青かげ」を編集した。文政10年7月6日死去。79歳。通称は勝右衛門。別号に夜話亭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井雨考の関連キーワード信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)寺西封元音波舎密開宗カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone