石地(読み)イシジ

大辞林 第三版の解説

いしじ【石地】

「石地塗り」の略。
石の多いやせた土地。 「 -をひらき畑を打つ/浄瑠璃・用明天皇」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石地
いしじ

新潟県中西部、柏崎市(かしわざきし)西山町(にしやまちょう)の一地区。旧北陸道に沿う漁村で、現在は海水浴場。また、付近は明治・大正時代旧西山油田の中心をなし、有名な石油王内藤邸の久観荘(きゅうかんそう)がある。第二次世界大戦後は遠浅の海岸線が海水浴場に生かされ、シーズン中は関東圏からの海水浴客でにぎわう。浜焼きが名物。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐ち【石地】

〘名〙 石の多い土地。いしじ。〔晉書‐索靖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石地の言及

【西山[町]】より

…明治末から昭和初期にかけて,日本最大級の西山油田が全盛を極め,最盛期には国産石油の50%を占めた。油田は別山川と日本海にはさまれた砂丘地帯に分布し,1881年には町内の石地に日本石油会社が設立され,日本の近代石油業発祥の地となった。現在は天然ガスの採集が行われ,町内のみならず柏崎市,刈羽村の一部にも供給している。…

※「石地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石地の関連情報