コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚倉子 いしづか くらこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚倉子 いしづか-くらこ

1686-1758 江戸時代中期の歌人。
貞享(じょうきょう)3年10月生まれ。生家下野(しもつけ)(栃木県)富吉村の豪農。兄弟6人のうち兄以外は早世し,兄も出家したため婿をむかえ家をつぐ。58歳のとき夫と死別今小町と称され,家集に「室八嶋(むろのやしま)」がある。宝暦8年12月6日死去。73歳。名は玖羅。号は春秋亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石塚倉子の関連キーワード歌人貞享

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android