コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源氏供養 ゲンジクヨウ

デジタル大辞泉の解説

げんじくよう〔ゲンジクヤウ〕【源氏供養】

謡曲。三番目物石山寺参詣の安居院(あぐい)法印に、里女が源氏物語の供養を頼み、紫式部の霊が感謝の舞をまう。
三島由紀夫戯曲をモチーフとする1幕の近代劇。昭和37年(1962)、雑誌「文芸」に発表。「近代能楽集」の九つめの作品として書かれたが、のちに著者自身が廃曲として上演や作品集への収録を禁止した。初演は著者没後の昭和56年(1981)、吉田喜重の演出による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

源氏供養【げんじくよう】

源氏物語》を書いた紫式部狂言綺語の罪で死後に地獄に堕ちたとされ(式部堕地獄説話,《今物語》38・《宝物集》巻6),その罪を救うためになされた法会のこと。《藤原隆信集》の和歌,《新勅撰集》の藤原宗家〔1139-1189〕の和歌にもあって,実際に行われていたことが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

げんじくよう【源氏供養】

能の一。三番目物。石山寺に参詣した安居院あぐい法印は、紫式部の霊に頼まれて、光源氏の供養を行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源氏供養
げんじくよう

能の曲目。三番目物。五流現行曲。作者不明。古くは『紫式部』ともいった。安居院(あごい)の法印(ワキ)と従僧が石山観世音(かんぜおん)に参詣(さんけい)する途上、1人の里女(前シテ)が呼びかけ、『源氏物語』を書いたが、その作中人物の供養をしなかった罪で浮かばれないと回向(えこう)を訴えて消える。法印の供養に紫式部の亡霊(後シテ)が現れ、願文を捧(ささ)げ、舞を舞い、式部は実は石山観世音の化現(けげん)で、『源氏物語』は夢の世を人に知らせる方便であったと告げて終わる。紫式部が地獄に落ちたとする伝承に加え、安居院法印の作と伝える54帖(じょう)の名称を詠み込んだ『源氏物語表白』を導入して舞うところに主眼がある。なお、近松門左衛門の浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)に『源氏供養』があり、三島由紀夫作『近代能楽集』のなかの「源氏供養」では、流行女流作家の亡霊が観光客の前に登場する筋立てとなっている。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

源氏供養の関連キーワード五条 珠実(初代)能現行曲一覧五条 珠実五條珠実モチーフ増田正造石山源氏近代劇光源氏文芸謡曲鬘物

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源氏供養の関連情報