石崎宇平次(読み)いしざき うへいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石崎宇平次 いしざき-うへいじ

1810-1867 江戸時代後期の陶工。
文化7年生まれ。もと近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩の足軽。坂田郡原村(彦根市)で,安政3年善次郎らと赤絵の焼き付けをはじめ,床山(しょうざん)焼(磁器)と称した。なお,文化の末,同地で仁右衛門のはじめた陶器の床山(とこやま)焼とはことなる。慶応3年死去。58歳。号は床山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android