コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川倉次 いしかわ くらじ

1件 の用語解説(石川倉次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川倉次 いしかわ-くらじ

1859-1944 明治-昭和時代前期の教育者。
安政6年1月26日生まれ。小学校訓導をへて,明治20年東京盲唖学校助教諭フランスブライユ考案の6点点字を日本語の五十音に翻案し,23年点字選定会で採択される。34年官報に日本訓盲点字として掲載され,全国にひろまった。32年高等師範教授。昭和19年12月23日死去。86歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。千葉師範卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の石川倉次の言及

【点字】より

…ブライユの点字は縦3点横2列の6点を単位とし,その配列方法によりアルファベットを表す。日本では1890年(明治23)に東京盲啞学校教諭石川倉次(1859‐1944)がブライユ点字の6点を用いて五十音を表記する日本点字を完成,その方式が現在に至るまでそのまま使用されている(図)。その構成は上部三つの点(1,2,4の点)の組合せを母音アイウエオにあて,この母音点字を基本として,これにその他の点を組み合わせ,たとえばカ行には6の点,サ行には5,6の点を加えて子音点字とする。…

※「石川倉次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石川倉次の関連キーワード二条基弘木場貞長鈴木政吉飯田新七(4代)菊池鋳太郎岸沢式佐(7代)鳥居清種(2代)中村寛澄林仙之原恒太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川倉次の関連情報