コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川柳城 いしかわ りゅうじょう

2件 の用語解説(石川柳城の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

石川柳城

南画家。尾張生。名は戈足。字は子淵、通称金三郎のち孝蔵。吉田稼雪の門。京都に出て日根野対山中西耕石らと交わり、また台湾や中国に歴遊して研鑽をつみ、南画の泰斗としてその名を知られた。昭和2年(1927)歿、81才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川柳城 いしかわ-りゅうじょう

1847-1927 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)4年10月生まれ。生地の名古屋で中野水竹,吉田稼雲につき,京都で文人画をまなぶ。詩や書もよくした。名古屋で後進の指導につくした。昭和2年11月17日死去。81歳。本姓は伊東。名は戈足。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone