コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川柳城 いしかわ りゅうじょう

美術人名辞典の解説

石川柳城

南画家。尾張生。名は戈足。字は子淵、通称金三郎のち孝蔵。吉田稼雪の門。京都に出て日根野対山中西耕石らと交わり、また台湾や中国に歴遊して研鑽をつみ、南画の泰斗としてその名を知られた。昭和2年(1927)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川柳城 いしかわ-りゅうじょう

1847-1927 明治-大正時代の日本画家。
弘化(こうか)4年10月生まれ。生地の名古屋で中野水竹,吉田稼雲につき,京都で文人画をまなぶ。詩や書もよくした。名古屋で後進の指導につくした。昭和2年11月17日死去。81歳。本姓伊東。名は戈足。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川柳城の関連キーワード村雲 大樸子大正時代弘化