コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川瓊洲 いしかわ けいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川瓊洲 いしかわ-けいしゅう

1810-1858 江戸時代後期の画家。
文化7年生まれ。林百非,田能村(たのむら)竹田にまなぶ。長門(ながと)(山口県)玉江にすみ,萩(はぎ)地方の文人画の振興につとめた。天保(てんぽう)6年竹田の最期をみとり,晩年は自適の生活をおくった。安政5年11月5日死去。49歳。名は復。字(あざな)は子礼。通称は復蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川瓊洲の関連キーワードケクレクライスト安政の大獄ブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android