コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川直樹 いしかわ なおき

1件 の用語解説(石川直樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川直樹 いしかわ-なおき

1977- 平成時代の写真家,作家,冒険家。
昭和52年6月30日生まれ。早大卒業後,東京芸大大学院に学び博士課程を修了。平成12年「Pole to Pole」プロジェクトに参加して北極から南極を人力で踏破。13年七大陸最高峰登頂を達成する。20年「NEW DIMENSION」「POLAR」で講談社出版文化賞,「最後の冒険家」で開高健ノンフィクション賞。23年「CORONA」で土門拳賞。東京都出身。著作はほかに「この地球(ほし)を受け継ぐ者へ」「全ての装備を知恵に置き換えること」「いま生きているという冒険」,写真集に「POLE TO POLE 極圏を繋ぐ風」「Mt. Fuji」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石川直樹の関連キーワード中平卓馬白川義員丹野章冨成忠夫ハナヤ勘兵衛樋口健二松浦栄松本徳彦三木淳山崎博

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川直樹の関連情報