コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川直樹 いしかわ なおき

1件 の用語解説(石川直樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川直樹 いしかわ-なおき

1977- 平成時代の写真家,作家,冒険家。
昭和52年6月30日生まれ。早大卒業後,東京芸大大学院に学び博士課程を修了。平成12年「Pole to Pole」プロジェクトに参加して北極から南極を人力で踏破。13年七大陸最高峰登頂を達成する。20年「NEW DIMENSION」「POLAR」で講談社出版文化賞,「最後の冒険家」で開高健ノンフィクション賞。23年「CORONA」で土門拳賞。東京都出身。著作はほかに「この地球(ほし)を受け継ぐ者へ」「全ての装備を知恵に置き換えること」「いま生きているという冒険」,写真集に「POLE TO POLE 極圏を繋ぐ風」「Mt. Fuji」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川直樹の関連キーワード磁鉄鉱系列永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪恐怖映画社会科教育人力飛行機死の棘

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石川直樹の関連情報