コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川石足 いしかわの いわたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川石足 いしかわの-いわたり

667-729 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天智(てんじ)天皇6年生まれ。蘇我(そがの)安麻呂の子。石川年足(としたり)・豊成(とよなり)の父。河内守(かわちのかみ),大宰大弐(だざいのだいに)をへて,左大弁に再任。長屋王の変のとき権(ごんの)参議となり,鈴鹿王(すずかおう)の宅に派遣され,長屋王の親族らの赦免をつたえた。のち従三位。「懐風藻」に詩1首がある。天平(てんぴょう)元年8月9日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石川石足

没年:天平1.8.9(729.9.6)
生年:天智6(667)
8世紀初めの官人。蘇我安麻呂の子。和銅1(708)年正五位下で河内守となり,神亀5(728)年正四位下に昇る。養老4(720)年右大弁,翌年大宰大弐となる。長屋王の変(729)のとき,左大弁で一時的に参議に任じられ,長屋王の弟鈴鹿王に,長屋王の親族で連座すべき者をすべて赦すという聖武天皇の勅を伝えた。同年従三位。『懐風藻』に五言詩1首を載せる。一周忌の天平2年,供養のために書写された仏説弥勒成仏経が現存する。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわのいわたり【石川石足】

667?‐729(天智6?‐天平1)
奈良初期の貴族。石川姓を名のる蘇我氏の一族。武内宿禰の後裔とされ,天智朝の大臣連子の孫,少納言安麻呂の子。奈良時代政治に活躍する年足,豊成,人成の父にあたる。708年(和銅1)の河内守をはじめとし,左右大弁,大宰大弐を歴任,729年従三位に叙され,左大弁として没した。《懐風藻》に詩文を収める。【梅村 喬】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

石川石足の関連キーワード石川豊成

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android