コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川石足 いしかわの いわたり

3件 の用語解説(石川石足の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川石足 いしかわの-いわたり

667-729 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天智(てんじ)天皇6年生まれ。蘇我(そがの)安麻呂の子。石川年足(としたり)・豊成(とよなり)の父。河内守(かわちのかみ),大宰大弐(だざいのだいに)をへて,左大弁に再任。長屋王の変のとき権(ごんの)参議となり,鈴鹿王(すずかおう)の宅に派遣され,長屋王の親族らの赦免をつたえた。のち従三位。「懐風藻」に詩1首がある。天平(てんぴょう)元年8月9日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石川石足

没年:天平1.8.9(729.9.6)
生年:天智6(667)
8世紀初めの官人。蘇我安麻呂の子。和銅1(708)年正五位下で河内守となり,神亀5(728)年正四位下に昇る。養老4(720)年右大弁,翌年大宰大弐となる。長屋王の変(729)のとき,左大弁で一時的に参議に任じられ,長屋王の弟鈴鹿王に,長屋王の親族で連座すべき者をすべて赦すという聖武天皇の勅を伝えた。同年従三位。『懐風藻』に五言詩1首を載せる。一周忌の天平2年,供養のために書写された仏説弥勒成仏経が現存する。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわのいわたり【石川石足】

667?‐729(天智6?‐天平1)
奈良初期の貴族。石川姓を名のる蘇我氏の一族。武内宿禰の後裔とされ,天智朝の大臣連子の孫,少納言安麻呂の子。奈良時代政治に活躍する年足,豊成,人成の父にあたる。708年(和銅1)の河内守をはじめとし,左右大弁,大宰大弐を歴任,729年従三位に叙され,左大弁として没した。《懐風藻》に詩文を収める。【梅村 喬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石川石足の関連キーワード南家蘇我石川麻呂阿倍宿奈麻呂阿倍御主人阿倍安麻呂石川宮麻呂大伴長徳巨勢郎女蘇我安麻呂橘安麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone