コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川頼明(読み)いしかわ よりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川頼明 いしかわ-よりあき

?-1600 織豊時代の武将。
美濃(みの)(岐阜県)の人。天正(てんしょう)11年(1583)賤ケ岳(しずがたけ)の戦いで戦死した兄一光の功により,1000石をあたえられ豊臣秀吉につかえる。のち加増され1万2000石を領する。関ケ原の戦いでは石田方の立花宗茂(むねしげ)に属し,大津城を攻めたが敗北。慶長5年10月7日切腹した。名ははじめ一宗。字(あざな)は長松

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android