コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋五郎 いしばしごろう

2件 の用語解説(石橋五郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石橋五郎
いしばしごろう

[生]1877. 千葉,佐倉
[没]1946
地理学者文学博士京都大学史学科地理学教室の創成期における人文地理学の教授。環境論的立場および歴史地理学的観点を重視して人文科学としての人文地理学の確立に努めた。主著『我が地理学観』 (1932) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋五郎 いしばし-ごろう

1877-1946 明治-昭和時代前期の地理学者。
明治10年1月生まれ。37年神戸高商教授となり,40年から京都帝大助教授をかねる。ドイツなどに留学後,大正8年両校兼任の教授。小川琢治(たくじ)とともに人文地理学を体系化し,歴史地理に特色をもつ京都学派の学風をおこした。石橋雅義の岳父。昭和21年死去。70歳。千葉県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石橋五郎の関連キーワード池内広正井上はな笹尾正一島定治郎津山英吉二宮健市林仙之松原三郎村川堅固横内忠作

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone