コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋五郎 いしばしごろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石橋五郎
いしばしごろう

[生]1877. 千葉,佐倉
[没]1946
地理学者,文学博士。京都大学史学科地理学教室の創成期における人文地理学の教授。環境論的立場および歴史地理学的観点を重視して人文科学としての人文地理学の確立に努めた。主著『我が地理学観』 (1932) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋五郎 いしばし-ごろう

1877-1946 明治-昭和時代前期の地理学者。
明治10年1月生まれ。37年神戸高商教授となり,40年から京都帝大助教授をかねる。ドイツなどに留学後,大正8年両校兼任の教授。小川琢治(たくじ)とともに人文地理学を体系化し,歴史地理に特色をもつ京都学派学風をおこした。石橋雅義岳父。昭和21年死去。70歳。千葉県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石橋五郎の関連キーワード明治

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android