コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋松蔵 いしばし まつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋松蔵 いしばし-まつぞう

1883-1954 大正-昭和時代の病理学者。
明治16年5月20日生まれ。九州帝大卒業後,東京帝大で山極(やまぎわ)勝三郎に師事。大正9年千葉医専教授となり,のち後身の千葉医大(現千葉大)教授。実験腫瘍(しゅよう)学,黄疸(おうだん)発生の病理学,内分泌異常などの研究で知られた。昭和29年4月17日死去。70歳。茨城県出身。旧姓は吉原。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石橋松蔵の関連キーワード昭和時代病理学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android