コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石水 せきすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石水 せきすい

1630-1689 江戸時代前期の僧。
寛永7年生まれ。臨済(りんざい)宗。幕臣の子。陸奥(むつ)涌谷(わくや)(宮城県)の円同寺の住持。伊達騒動のおりに,涌谷館主伊達宗重をたすけ幕府との斡旋(あっせん)にあたる。のち摂津真上(まかみ)村(大阪府)光徳寺にうつった。元禄(げんろく)2年1月29日死去。60歳。俗姓は落合。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石水の関連キーワードメガロポリス(巨帯都市)熊本県人吉市下原田町三重県津市丸之内高山寺境内川喜田政明石水博物館矢松亜由美年代決定法チャーチ石躑躅崎館野口観光伊達文三勝村蠖斎塩化物泉白滝遺跡武田信玄調理器具清沢満之遺留水もの派

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石水の関連情報