石油ストーブ(読み)せきゆストーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暖房器具の一種で,石油燃焼装置。最も普及しているのは石タンクに浸したをつけ,芯を上下させることによって火力を調節する機構のものであるが,反対に芯を固定しておいて,この芯に送り込むタンクの油のを増減させて火力を調節するものや,圧縮した石油を噴出させて空気を混合して燃焼させるものなどもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

灯油を燃料とするストーブの伝導方式によって,部屋全体を暖める対流式と部分的に暖める反射式がある。燃料費が安く,自由に移動できるが,室内の空気が汚染されやすい。現在では,燃焼室外気を直接結んだ温風暖房機,石油ファンヒーターが多く使われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ストーブはstove) 灯油を燃料とするストーブ。《季・冬》
※雪の日(1920)〈志賀直哉〉「薄暗い中に石油ストオヴの火が〈略〉赤々と照して居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石油ストーブの言及

【ストーブ】より

…明治30年代に入るとガスストーブも国産され,1914年には京都電灯が電気ストーブを製造発売した。石油ストーブも明治時代から使われ,国内でも生産されたが,いずれもぜいたく品であった。第2次大戦中は,石油の統制や物資不足のためストーブ類は生産されなかった。…

※「石油ストーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石油ストーブの関連情報