コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石浜恒夫(読み)いしはま つねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石浜恒夫 いしはま-つねお

1923-2004 昭和後期-平成時代の小説家,作詞家。
大正12年2月24日生まれ。石浜純太郎の子。藤沢桓夫(たけお)の従弟(いとこ)。昭和21年「文学雑誌」に参加。28年「らぷそでい・いん・ぶるう」が芥川賞候補となる。大阪の盛り場をえがいた作品がおおく,代表作に「地球上自由人」「道頓堀左岸」など。歌謡曲の作詞も手がけ,「硝子のジョニー」「こいさんラブコール」が知られる。平成16年1月9日死去。80歳。大阪出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android