コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石浜純太郎 いしはま じゅんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石浜純太郎 いしはま-じゅんたろう

1888-1968 大正-昭和時代の東洋史学者。
明治21年11月10日生まれ。石浜恒夫の父。東洋の古語と西域出土の仏典,古文献を研究。竜谷大などでおしえ,昭和24年関西大教授となる。28年日本西蔵(チベツト)学会会長。ネフスキーとの西夏語(せいかご)研究でも知られる。昭和43年2月11日死去。79歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「東洋学の話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしはまじゅんたろう【石浜純太郎】

1888‐1968(明治21‐昭和43)
東洋史家で蔵書家としても知られる。号は大壺。大阪堂島で製薬業を営む石浜豊蔵の長男として生まれ,家業を継ぎながら,中国周辺諸地域の歴史,言語,文化について,新しい学問分野を開拓した。内藤湖南に弟子の礼をとり,いわゆる京都学派に属する学者との交友が深い。精緻な考証と該博な学識で知られる。著書に《支那学論攷》《浪華儒林伝》等がある。【勝村 哲也】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

石浜純太郎の関連キーワード石浜 祐次郎8月27日昭和時代富永仲基

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android