コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石浜純太郎 いしはま じゅんたろう

2件 の用語解説(石浜純太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石浜純太郎 いしはま-じゅんたろう

1888-1968 大正-昭和時代の東洋史学者。
明治21年11月10日生まれ。石浜恒夫の父。東洋の古語と西域出土の仏典,古文献を研究。竜谷大などでおしえ,昭和24年関西大教授となる。28年日本西蔵(チベツト)学会会長。ネフスキーとの西夏語(せいかご)研究でも知られる。昭和43年2月11日死去。79歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「東洋学の話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いしはまじゅんたろう【石浜純太郎】

1888‐1968(明治21‐昭和43)
東洋史家で蔵書家としても知られる。号は大壺。大阪堂島で製薬業を営む石浜豊蔵の長男として生まれ,家業を継ぎながら,中国周辺諸地域の歴史,言語,文化について,新しい学問分野を開拓した。内藤湖南に弟子の礼をとり,いわゆる京都学派に属する学者との交友が深い。精緻な考証と該博な学識で知られる。著書に《支那学論攷》《浪華儒林伝》等がある。【勝村 哲也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石浜純太郎の関連キーワード岩井大慧岡崎文夫橋本増吉芥川文鈴木俊野田俊作日比野信一福井康順室積波那女守屋美都雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone