コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰乳 せっかいにゅう milk of lime

4件 の用語解説(石灰乳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰乳
せっかいにゅう
milk of lime

水に溶解度以上の過剰な消石灰 (水酸化カルシウム) を加え,かゆ状の懸濁液としたもの。溶解している水酸化カルシウムが消費されても,懸濁している水酸化カルシウムが溶解し,常に飽和濃度が保たれるので,アンモニアフッ化水素,塩酸,亜硫酸,硫酸などの捕集,回収,公害防止などにきわめて有効で,広く用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっかい‐にゅう〔セキクワイ‐〕【石灰乳】

消石灰(水酸化カルシウム)の懸濁液。強アルカリ性で、消毒剤として用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せっかいにゅう【石灰乳】

消石灰を水にかきまぜて得られる白色乳状の液。水酸化カルシウムの懸濁液。酸性ガスの吸収剤や消毒剤として用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰乳
せっかいにゅう
milk of lime

石灰水、すなわち水酸化カルシウム(消石灰)の飽和水溶液に、多量の水酸化カルシウムを微粒子状に分散させた懸濁液をいう。水相の水酸化カルシウムの消費分を懸濁粒子がつねに補充していくことになるので、実際上濃厚な液と同じ働きをする。溶解度が低いという水酸化カルシウムの欠点を補い、安価な強アルカリとしての特性を生かすため工業的にもよく利用される。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石灰乳の言及

【水酸化カルシウム】より

…しかし溶けた部分は強いアルカリ性を示すので,最も安価なアルカリ源として工業上きわめて広く用いられる。この飽和水溶液を石灰水lime waterといい,また比較的少量の水と乳状に混合したものを石灰乳milk of limeと呼ぶ。水酸化カルシウムは容易に二酸化炭素と化合して水に不溶の炭酸カルシウムに変化するから,石灰水や石灰乳を空気中に放置しておくと炭酸カルシウムが沈殿してくる。…

※「石灰乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石灰乳の関連キーワード酸化カルシウム消石灰水酸化物イオン水酸化カルシウム水酸化鉄石灰消和石灰水風化石灰過酸化カルシウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone