コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰水 セッカイスイ

4件 の用語解説(石灰水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっかい‐すい〔セキクワイ‐〕【石灰水】

水酸化カルシウムの飽和水溶液。強いアルカリ性を示し、二酸化炭素を通じると炭酸カルシウムを生じて白濁する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石灰水【せっかいすい】

消石灰(水酸化カルシウムCa(OH)2)の飽和水溶液。100ml中約0.15gのCa(OH)2を含む。アルカリ性。二酸化炭素を通ずると不溶性の炭酸カルシウムCaCO3を生じて白濁するので,その検出に用いられる。
→関連項目水酸化カルシウム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せっかいすい【石灰水】

消石灰(水酸化カルシウム)の水溶液。中程度の強さの塩基性を示す。二酸化炭素を吸収すると炭酸カルシウムの白濁を生ずる。消毒・殺菌剤などに使用。石灰液。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石灰水
せっかいすい
lime water

酸化カルシウム消石灰)の飽和水溶液をいう。酸化カルシウム(生石灰)の微粉末を水中で十分にかき混ぜ、放置して得られる上澄み液を傾瀉(けいしゃ)法で濾過(ろか)することによってつくられる。25℃で100ミリリットル中に0.13グラム程度の水酸化カルシウムを含み、無色透明で強アルカリ性を示す。炭酸ガスを通じると不溶性の炭酸カルシウムを生じて白濁するので、その検出に用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石灰水の言及

【水酸化カルシウム】より

…しかし溶けた部分は強いアルカリ性を示すので,最も安価なアルカリ源として工業上きわめて広く用いられる。この飽和水溶液を石灰水lime waterといい,また比較的少量の水と乳状に混合したものを石灰乳milk of limeと呼ぶ。水酸化カルシウムは容易に二酸化炭素と化合して水に不溶の炭酸カルシウムに変化するから,石灰水や石灰乳を空気中に放置しておくと炭酸カルシウムが沈殿してくる。…

※「石灰水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石灰水の関連情報