コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石野雲嶺 いしの うんれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石野雲嶺 いしの-うんれい

1790-1870 江戸時代後期の漢詩人。
寛政2年生まれ。東海道藤枝宿(静岡県)の旅籠(はたご)の主人。大塚荷渓にまなび,斎藤拙堂,菊池五山,梁川星巌(やながわ-せいがん)らと親交をむすぶ。晩年は皆梅園をもうけて隠居した。明治3年3月6日死去。81歳。名は彜,世彜。字(あざな)は希之。通称は金平。詩集に「香国為政」「雲嶺樵響」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石野雲嶺の関連キーワードゲーテ普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android