コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚荷渓 おおつか かけい

1件 の用語解説(大塚荷渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚荷渓 おおつか-かけい

1778-1844 江戸時代後期の商人,文人。
安永7年生まれ。駿河(するが)(静岡県)藤枝で酒造業をいとなむ。画を中林竹洞らに,詩文を大窪(おおくぼ)詩仏らにまなぶ。江山水月社という詩社を運営し,梁川星巌(やながわ-せいがん),司馬江漢らと親交があった。天保(てんぽう)15年2月17日死去。67歳。名は正弘。字(あざな)は風暁。通称は甚左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大塚荷渓の関連キーワード原在明五箇所商人江戸棚伊藤一清近江屋甚兵衛須原素交関忠親川柳(4代)耳依天具知和琢舎綾丸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone