コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂漠化対処条約 さばくかたいしょじょうやく

大辞林 第三版の解説

さばくかたいしょじょうやく【砂漠化対処条約】

正称、深刻な干ばつ又は砂漠化に直面する国(特にアフリカの国)において砂漠化に対処するための国際連合条約。1992年の地球サミットで砂漠化への対処の必要性が主張されたことを受けて、94年採択。砂漠化防止条約。 UNCCD 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砂漠化対処条約の関連キーワード砂漠化防止条約地球サミットアフリカCOP干ばつ砂漠化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android