コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研究不正新指針 けんきゅうふせいしんほうしん

1件 の用語解説(研究不正新指針の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

研究不正新指針

2014年7月2日に文部科学省が発表した、大学や独立行政法人などの研究機関で研究不正を防ぐための新たな指針の案。同案はSTAP細胞論文を巡る問題など、相次ぐ研究不正の発覚を踏まえて新たにまとめられた。4年8月には決定され、15年春から適用される見通し。同指針案には、不正の指摘を把握した段階で調査を始めるよう、大学や研究機関に求める、実験ノートなどの記録が不正防止や第三者の検証に役立つとして、研究データの保存を研究者に義務づけるなどの規定が設けられている。また、大学や研究機関に「研究倫理教育責任者」を置くよう定め、大学の学部段階から研究倫理の教育を受けさせることも求めている。違反が見つかれば、文部科学省が配分する研究費の削減や停止も検討するという。

(2014-7-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

研究不正新指針の関連キーワード文部科学省所管STA文部科学大臣文部科学白書文部科学時報沖縄ノート訴訟と教科書検定採用条件の変更超氷河期セシウム汚染マップ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone