砲丸(読み)ホウガン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐がん〔ハウグワン〕【砲丸】

大砲のたま。砲弾。
陸上競技の砲丸投げに用いる金属球。男子用7.26キロ以上(高校男子用は6キロ以上)、女子用4キロ以上。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうがん【砲丸】

大砲のたま。砲弾。
陸上競技の砲丸投げで使う鉄または真鍮の球。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐がん ハウグヮン【砲丸】

〘名〙
大砲のたま。砲弾
※漂流記(1863)「敵より打丸は、すべり飛で貫く事能はざるやうに造れるにて」
陸上競技砲丸投げに用いる金属製の球。重量は一般男子用が七・二六キログラム、一般女子用が四キログラム、高校男子用が五・四四三キログラム。
※陸上競技法(1923)〈野口源三郎〉二「輪の内側より砲の地上に印せる最近点までの距離」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砲丸の関連情報