コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬質繊維板 こうしつせんいばんhardboard

翻訳|hardboard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬質繊維板
こうしつせんいばん
hardboard

ハードボードともいう。合板用ラワン材のムキ芯,単板屑,製材廃材などの廃材を主とした木材を主原料として成形した繊維板のうち,比重 0.8以上のもの。木材の丸太をチップ状にし,繊維をほぐし,熱と圧力をかけて板状にする。接着剤は使わず繊維のからみ合いを利用するので,無臭で,廃材や木屑からでも生産できる。 121× 273cm,100× 400cmのような大面積のものができ,遮音性,保温性もよい。高圧プレスのため,硬く,傷がつきにくく,コストも安いなど多くの利点をもつが,吸湿性があり,伸びたり,そり返ったりする欠点がある。数種類の製法があるが,いずれも連続生産法式による量産が行われている。日本では 1953年から大企業生産が始り,たんす戸棚,ベッド,机,流し台など家具,壁・天井・床などの建築用材のほか,電気機器,自動車,鉄道車両,包装用など広い用途をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしつせんいばん【硬質繊維板】

破砕した木削片を繊維化して圧縮成形した板。壁板・床板・家具・キャビネットなどに使用する。ハード-ボード。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

硬質繊維板の関連キーワードファイバーボード(繊維板)シドニー ノーランファイバーボードハードテックスハードボードキャビネットノーランニチハ繊維化圧縮床板壁板

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android