コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碇ヶ関温泉 いかりがせきおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碇ヶ関温泉
いかりがせきおんせん

青森県南部平川市にある,平川の清流に沿う静かな温泉。鎌倉時代開湯といわれる。泉質は食塩泉。泉温は 65℃。温泉病院があって近郊農民の湯治場の役割を果たしている。大鰐碇ヶ関温泉郷県立自然公園に属する。近くに東北自動車道碇ヶ関インターチェンジがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕碇ヶ関温泉(いかりがせきおんせん)


青森県南部、秋田県境に近い平川(ひらかわ)市碇ヶ関にわく行楽・保養向きの温泉。江戸時代には弘前(ひろさき)藩主も入湯したと伝える。一帯は岩木(いわき)川の支流平(ひら)川の源流部で新緑・紅葉の名所。それぞれの沢の奥に湯ノ沢(ゆのさわ)温泉などの小温泉群も点在する。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉、ナトリウム‐塩化物泉。泉温78.6℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碇ヶ関温泉
いかりがせきおんせん

青森県南部、平川(ひらかわ)市碇ヶ関にある温泉。古くからの湯治場で、藩主も入湯したという。泉質は塩化物泉。脳卒中のリハビリテーション病院がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

碇ヶ関温泉の関連キーワード青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山青森県平川市平川(市)湯ノ沢温泉江戸時代大鰐温泉大鰐町弘前行楽藩主岩木支流

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android