コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碇ヶ関 いかりがせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碇ヶ関
いかりがせき

青森県南部,平川市南部の旧村域。青森県と秋田県境の矢立峠の山麓にある。 1889年古懸村,久吉村と合体。 2006年平賀町,尾上町と合体して平川市となった。かつて弘前藩の関所が置かれた。周囲は山地で,その中を岩木川の支流平川が北流。矢立峠付近は秋田杉天然林が美しい。山地の大部分は国有林。平川流域には弱食塩泉の碇ヶ関温泉が湧出。湯量が豊富で,リハビリテーション施設などがある。ほかに湯ノ沢温泉があり,大鰐町大鰐温泉とともに大鰐碇ヶ関温泉郷県立自然公園に属する。三笠山には葛西善蔵文学碑がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いかりがせき【碇ヶ関】

青森県南部、平川市の地名。津軽三関の一つである碇ヶ関、食塩泉の碇ヶ関温泉がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碇ヶ関
いかりがせき

青森県中南部、南津軽郡の秋田県境にあった旧村名(碇ヶ関村(むら))。現在は平川(ひらかわ)市の南部を占める地域。2006年(平成18)、南津軽郡尾上(おのえ)町、平賀(ひらか)町と合併して市制施行、平川市となった。JR奥羽本線、東北自動車道、国道7号が通じる。旧村名は弘前藩政時代の関所名による。南部の矢立(やたて)峠を経て秋田へ通じる街道に沿い、1685年(貞享2)弘前藩は秋田藩に対する口留(くちどめ)番所としてここに関所を置いた。山がちで、主産業は木材の産出や植林。リンゴの生産も行う。地内に碇ヶ関温泉がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

碇ヶ関の関連キーワード青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山青森県平川市碇ヶ関阿原青森県平川市国民体育大会碇ヶ関[村]平川[市]平川(市)青森(県)岩崎[村]津軽三関羽州街道尾上町滝沢市

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android