コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碇ヶ関 いかりがせき

3件 の用語解説(碇ヶ関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碇ヶ関
いかりがせき

青森県南部,平川市南部の旧村域。青森県と秋田県境の矢立峠の山麓にある。 1889年古懸村,久吉村と合体。 2006年平賀町,尾上町と合体して平川市となった。かつて弘前藩の関所が置かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いかりがせき【碇ヶ関】

青森県南部、平川市の地名。津軽三関の一つである碇ヶ関、食塩泉の碇ヶ関温泉がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碇ヶ関
いかりがせき

青森県中南部、南津軽郡の秋田県境にあった旧村名(碇ヶ関(むら))。現在は平川(ひらかわ)市の南部を占める地域。2006年(平成18)、南津軽郡尾上(おのえ)町、平賀(ひらか)町と合併して市制施行、平川市となった。JR奥羽本線、東北自動車道、国道7号が通じる。旧村名は弘前藩政時代の関所名による。南部の矢立(やたて)峠を経て秋田へ通じる街道に沿い、1685年(貞享2)弘前藩は秋田藩に対する口留(くちどめ)番所としてここに関所を置いた。山がちで、主産業は木材の産出や植林。リンゴの生産も行う。地内に碇ヶ関温泉がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

碇ヶ関の関連キーワード青森県平川市光城青森県平川市原大野青森県平川市南田中北原青森県平川市南田中北細田青森県平川市南田中北村井青森県平川市南田中中細田青森県平川市南田中中村井青森県平川市南田中南村井青森県平川市南田中西原青森県平川市南田中村内

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone