コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気エネルギー じきエネルギーmagnetic energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気エネルギー
じきエネルギー
magnetic energy

磁場のある空間にたくわえられているエネルギー磁石電流によって磁場がつくられているとき,磁気エネルギーは磁石だけによるものと電流だけによるものとの和に等しい。磁石だけによる磁場を Hm ,電流だけによる磁場を Hc とするとき,媒質空間の単位体積についての磁気エネルギーは,透磁率 μ が一定の場合,μ(Hm2Hc2)/2 となる。たとえば1つの電流回路がまわりの空間につくる磁場の全エネルギーは,電流を I ,回路の自己インダクタンスL とすれば LI2/2 である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐エネルギー【磁気エネルギー】

磁界の中に蓄えられているエネルギー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じきエネルギー【磁気エネルギー magnetic energy】

二つの磁石の間にはその間の距離と磁極の配置で定まる力が働いており,それに伴うポテンシャルエネルギーが存在する。これを磁気エネルギーと呼ぶ。例えば反発するような配置の棒磁石を近づけるのには仕事を加える必要があり,力学的エネルギーが磁気エネルギーに変わることになる。電磁気学の考え方では空間の場所ごとにエネルギーが蓄えられるとする。例えば磁場により磁化を誘起する仕事が磁気エネルギーになり,その磁化を生じた場所に蓄えられるとするのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

磁気エネルギーの関連キーワード磁気ヒステリシス皮相電力磁性材料永久磁石超伝導電磁鋼磁区