コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気エネルギー じきエネルギー magnetic energy

3件 の用語解説(磁気エネルギーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気エネルギー
じきエネルギー
magnetic energy

磁場のある空間にたくわえられているエネルギー。磁石と電流によって磁場がつくられているとき,磁気エネルギーは磁石だけによるものと電流だけによるものとの和に等しい。磁石だけによる磁場を Hm ,電流だけによる磁場を Hc とするとき,媒質空間の単位体積についての磁気エネルギーは,透磁率 μ が一定の場合,μ(Hm2Hc2)/2 となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じき‐エネルギー【磁気エネルギー】

磁界の中に蓄えられているエネルギー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じきエネルギー【磁気エネルギー magnetic energy】

二つの磁石の間にはその間の距離と磁極の配置で定まる力が働いており,それに伴うポテンシャルエネルギーが存在する。これを磁気エネルギーと呼ぶ。例えば反発するような配置の棒磁石を近づけるのには仕事を加える必要があり,力学的エネルギーが磁気エネルギーに変わることになる。電磁気学考え方では空間の場所ごとにエネルギーが蓄えられるとする。例えば磁場により磁化を誘起する仕事が磁気エネルギーになり,その磁化を生じた場所に蓄えられるとするのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁気エネルギーの関連キーワード磁極磁気量介在距離磁力中距離電磁単位町場間の間最短距離の原理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁気エネルギーの関連情報