コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気二重層 じきにじゅうそう magnetic double layer

2件 の用語解説(磁気二重層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気二重層
じきにじゅうそう
magnetic double layer

図のように薄い層の表と裏とに等量ずつ正負の磁気量が相対して連続的に分布したもの。磁殻または磁石板とも呼ばれる。単位面積あたりの磁気モーメント τ を磁気二重層の強さといい,磁気二重層がつくる磁場は,この面の周囲を流れる強さ τ/μ0 ( μ0 は真空の透磁率) の電流がつくる磁場に等しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じきにじゅうそう【磁気二重層 magnetic double layer】

磁殻ともいう。厚さの方向に磁化した薄い磁石板のことで,一方の面にN極,もう一方の面にS極を生じているので,こう呼ばれる。二重層の内部以外はその磁石板の外周を流れる電流の生ずる磁力線と同じ磁力線を生ずる。すなわち,ある閉曲線に沿って流れる定常電流は,静磁気的にはその閉曲線を境界とする磁気二重層と等価ということができる。【近角 聡信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁気二重層の関連キーワード磁気ディスク永久磁石磁気バブル常磁性ソレノイド反磁場磁性熱残留磁化無方向性電磁鋼板ブロッホの磁壁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone