コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気二重層 じきにじゅうそうmagnetic double layer

2件 の用語解説(磁気二重層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気二重層
じきにじゅうそう
magnetic double layer

図のように薄い層の表と裏とに等量ずつ正負の磁気量が相対して連続的に分布したもの。磁殻または磁石板とも呼ばれる。単位面積あたりの磁気モーメント τ を磁気二重層の強さといい,磁気二重層がつくる磁場は,この面の周囲を流れる強さ τ/μ0 ( μ0 は真空の透磁率) の電流がつくる磁場に等しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきにじゅうそう【磁気二重層 magnetic double layer】

磁殻ともいう。厚さの方向に磁化した薄い磁石板のことで,一方の面にN極,もう一方の面にS極を生じているので,こう呼ばれる。二重層の内部以外はその磁石板の外周を流れる電流の生ずる磁力線と同じ磁力線を生ずる。すなわち,ある閉曲線に沿って流れる定常電流は,静磁気的にはその閉曲線を境界とする磁気二重層と等価ということができる。【近角 聡信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone