コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磅礴/旁礴/旁魄 ホウハク

デジタル大辞泉の解説

ほう‐はく〔ハウ‐〕【××礴/××礴/××魄】

[名](スル)《「ぼうはく」とも》
混じり合って一つになること。
「何事も両極が―して」〈岡本かの子・生々流転〉
広がり満ちること。満ちふさがること。
「常に彼の中に―する芸術的感興に」〈芥川戯作三昧

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android