コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯辺昌言 いそべ まさのぶ

1件 の用語解説(磯辺昌言の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯辺昌言 いそべ-まさのぶ

1669-1738 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文9年生まれ。山崎闇斎(あんさい)の垂加神道をまなぶ。江戸で越後(えちご)高田藩主稲葉正往(まさゆき)につかえ,元禄(げんろく)14年下総(しもうさ)佐倉藩主に転じた正往にしたがう。主命をうけて「総葉概録」「佐倉風土記」をあらわす。次代藩主稲葉正知(まさとも)の転封(てんぽう)に随従,享保(きょうほう)8年山城淀(よど)にうつった。元文3年5月10日死去。70歳。京都出身。初名は重常。通称は正径。姓は磯部ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

磯辺昌言の関連キーワード飯田東渓池田政倚斎部伊紀小瀬復庵朽木定盛孝以河野安山杉岡能連妻木頼隆益子内親王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone