コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礫川 れきせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

礫川 れきせん

1748-? 江戸時代中期-後期の川柳作者。
寛延元年生まれ。江戸小石川にすむ。安永のころから作句し,一時,折句の点者となる。文化2年(1805)「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」31編の和笛追善句合から川柳にもどり,有力な作者,評者として活躍。2代川柳,3代川柳を後援した。姓は平野(中原とも)。別号に一甫,文日堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

礫川の関連キーワード大槻朝元吉田文三郎(初代)寛延犯罪の増加(ロシアの)北但大震災アーヘンの和約延享寛延菅茶山黒本

礫川の関連情報