社交性(読み)しゃこうせい(英語表記)Geselligkeit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社交性
しゃこうせい
Geselligkeit

社会学用語。社会学的な意味での社交性とは,群居性よりも一段高いレベルで諸個人が社会的に相互交流することをいう。 G.ジンメル広義社会現象のなかから内容を捨象し,人間の相互作用の一般的形式を抽象化して取出した。そのなかで社会の形式の純粋型を社交と呼び,ここに社会そのものの純粋な本質を求めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃこう‐せい〔シヤカウ‐〕【社交性】

人とつきあうことの好きな、また、じょうずな性質。「社交性に富む」「社交性に欠ける」
個人が集まって社会をつくろうとする人間の特性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃこうせい【社交性】

人づきあいが好きで、つきあい上手な性質。 「 -に富む」
社会性」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃこう‐せい シャカウ‥【社交性】

〘名〙
① 人とのつきあいをうまくやっていける性質。また、人とのつきあいを好む性質。
真知子(1928‐30)〈野上彌生子〉五「しかし斯う云ふ階級の婦人たちに習慣的に与へられてゐる社交性から〈略〉出来なかったので」
② 社会を形づくろうとする人間の特殊な性質。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の社交性の言及

【社交】より

…文字どおりには,人と人とのつきあい,社会での交際,世間のつきあいを意味するが,社会学的な観点からは,社会を成り立たせる原点としてとらえられる。たとえば,社会学者のG.ジンメルは,諸個人間の相互作用によって集団や社会が生成される過程,すなわち社会形成過程(社会化Vergesellschaftung)に関して,その形式における純粋型を想定し,それに〈社交性Geselligkeit〉という概念を当てた。またG.ギュルビッチは,社会的現実を構成する要素として,〈社交性sociabilité〉,すなわち社会的交渉形態を考えた。…

※「社交性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社交性の関連情報