コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社交性 しゃこうせいGeselligkeit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社交性
しゃこうせい
Geselligkeit

社会学用語。社会学的な意味での社交性とは,群居性よりも一段高いレベルで諸個人が社会的に相互交流することをいう。 G.ジンメル広義社会現象のなかから内容を捨象し,人間の相互作用の一般的形式を抽象化して取出した。そのなかで社会の形式の純粋型を社交と呼び,ここに社会そのものの純粋な本質を求めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃこう‐せい〔シヤカウ‐〕【社交性】

人とつきあうことの好きな、また、じょうずな性質。「社交性に富む」「社交性に欠ける」
個人が集まって社会をつくろうとする人間の特性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃこうせい【社交性】

人づきあいが好きで、つきあい上手な性質。 「 -に富む」
社会性」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の社交性の言及

【社交】より

…文字どおりには,人と人とのつきあい,社会での交際,世間のつきあいを意味するが,社会学的な観点からは,社会を成り立たせる原点としてとらえられる。たとえば,社会学者のG.ジンメルは,諸個人間の相互作用によって集団や社会が生成される過程,すなわち社会形成過程(社会化Vergesellschaftung)に関して,その形式における純粋型を想定し,それに〈社交性Geselligkeit〉という概念を当てた。またG.ギュルビッチは,社会的現実を構成する要素として,〈社交性sociabilité〉,すなわち社会的交渉形態を考えた。…

※「社交性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

社交性の関連キーワードベブレン(Thorstein Bunde Veblen)キング(B. B. King)反応性アタッチメント障害パーソナリティー障害T.B. ベブレン遺伝子検査ビジネスリュウキュウガモギークリーダーインコ(鳥)孤独なる群衆アッカーマンオーブリー正木ひろしひとりっ子久米正雄内胚葉型工藤平助伊藤仁斎学校給食つきあい

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社交性の関連情報