コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会資本ストック しゃかいしほんストックsocial capital stock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会資本ストック
しゃかいしほんストック
social capital stock

道路,港湾下水道,公園,通信,郵便,空港,ダムなど国民経済全体の基礎としてその円滑な運営を実現するため,毎年の公共投資によって形成されてきたストック。社会的間接資本の蓄積である。日本の社会資本整備状況を国際比較でみると,一人当たり病床数や水道,電話の普及率は先進国平均に見劣りしないが,下水道の普及率や都市公園面積,高速道路延長などがまだ低い水準にある。国民生活に物質的かつ精神的な豊かさを享受できる真の資産大国になるためにも社会資本の整備が急がれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会資本ストックの関連キーワード公共投資基本計画人口減少社会

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android