コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社寺有林 しゃじゆうりん

世界大百科事典 第2版の解説

しゃじゆうりん【社寺有林】

社寺が所有する森林。都市の寺町などの寺ではみられないが,村落にある社寺や古い時代に作られた社寺には森林を境内や裏山にもっている場合が多い。森林を所有する社寺は約3万あるが,1ha未満のものが大半である。明治維新前には社寺の領地としての森林が多かったが,1870年に政府は所領を上地させた。上地した森林を50年以下の期限で再びその社寺で保管させ(社寺保有林),一定の条件の下で林地の所有を許可し,林産物の分収を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社寺有林の関連キーワード愛知高原国定公園

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android