コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺町 てらまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺町
てらまち

都市域の一部に寺院が数多く存在しているところ。おもに近世城下町に起源をもつ都市に多い。城下町の周辺部には多くの寺院を設置したが,これは城郭外縁の防備のためという政策上の意図が強かった。たとえば,新潟県上越市の高田の場合は,城の外堀の南に町屋があり,さらに田地をへだてた町の外縁に寺院がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てら‐まち【寺町】

寺院の多く集まっている地域

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

寺町【てらまち】

城下町の一部で寺院の集まった区域。多くは町の中,または市街周辺に配置される。
→関連項目福知山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てらまち【寺町】

近世城下町は城郭を中心に,武士の居住地である武家地と,商人・職人の居住地である町人地で構成されたが,これらを取り囲む外郭の要所に寺院が集団的・連続的に配置された。この部分を寺町と呼ぶ。これらの寺院は,城下町建設期に領主により他の場所から招致されたり,また新しく創建されたもので,当初は領主による,おもに真宗寺院に対しての宗教統制の意味もあったと考えられる。しかし,その大規模な建築群と広い境内の機能から,主として非常時における軍事的意義を考慮して配置されていたと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てらまち【寺町】

寺院の多く集まった一画。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

寺町の関連キーワード京都府京都市上京区毘沙門町京都府京都市中京区大文字町京都府京都市中京区丸屋町京都府京都市上京区米屋町京都府京都市中京区石屋町京都府京都市下京区植松町京都府京都市上京区扇町広島県三次市向江田町大阪府大阪市天王寺区東京都世田谷区北烏山三重県伊賀市西高倉石川県金沢市清川町ニュースカイホテル平野吉兵衛(初代)青森県青森市本町奈良県北葛城郡天王寺[区]阪東文治郎上立売通り糸魚川市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺町の関連情報