コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無格社 むかくしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無格社
むかくしゃ

社格の一つ。旧神社制度のうえで,最も低い位置にある,公の資格をもたない神社。神饌幣帛料の供進などを受けることができなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むかく‐しゃ【無格社】

旧制度で、社格のない神社。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むかくしゃ【無格社】

1871年(明治4)制定の神社社格の一つ。1945年廃止。明治政府は,律令体制以来の社格制度を基礎に新たな社格制度を考え,太政官布告をもって官国幣社府県社以下を布達したが,その最下位にあたるもの。すなわち,官幣の大・中・小社,国幣の大・中・小社,別格官幣社の下に,府社,県社,郷社,村社,無格社と定めたその最下位であるが,これは無格社という一つの格というべきものであり,独立の神社として政府が公認した点では他と異ならず,ただ神饌幣帛料が供進されることや境内地の地租免除の特典はなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むかくしゃ【無格社】

旧社格の一。村社の下に位する、社格のない神社。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無格社
むかくしゃ

社格に列することに値しない神社のことをいったが、のちには最下位の社格となった。明治の社格制度は、官社(官国幣社)、府県社、郷社に分かれ、これ以下の社は、郷社の付属とされた村社、村社にも至らなかった無格社とされたが、村社・無格社も社格として取り扱われた。太平洋戦争の終戦時(1945)の社数5万9997。[岡田荘司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無格社の関連キーワード神社(じんじゃ)猿田彦神社古峯神社大石神社旧制度諸社社掌

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android