コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無格社 むかくしゃ

5件 の用語解説(無格社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無格社
むかくしゃ

社格の一つ。旧神社制度のうえで,最も低い位置にある,公の資格をもたない神社。神饌幣帛料の供進などを受けることができなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むかく‐しゃ【無格社】

旧制度で、社格のない神社。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むかくしゃ【無格社】

1871年(明治4)制定の神社社格の一つ。1945年廃止。明治政府は,律令体制以来の社格制度を基礎に新たな社格制度を考え,太政官布告をもって官国幣社府県社以下を布達したが,その最下位にあたるもの。すなわち,官幣の大・中・小社,国幣の大・中・小社,別格官幣社の下に,府社,県社,郷社,村社,無格社と定めたその最下位であるが,これは無格社という一つの格というべきものであり,独立の神社として政府が公認した点では他と異ならず,ただ神饌幣帛料が供進されることや境内地の地租免除の特典はなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むかくしゃ【無格社】

旧社格の一。村社の下に位する、社格のない神社。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無格社
むかくしゃ

社格に列することに値しない神社のことをいったが、のちには最下位の社格となった。明治の社格制度は、官社(官国幣社)、府県社、郷社に分かれ、これ以下の社は、郷社の付属とされた村社、村社にも至らなかった無格社とされたが、村社・無格社も社格として取り扱われた。太平洋戦争の終戦時(1945)の社数5万9997。[岡田荘司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無格社の関連キーワード官幣社宮司社格大社府県社官幣県社小社二の宮府社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone