コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐崇(読み)ゆうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐崇 ゆうそう

1426-1509 室町-戦国時代の僧。
応永33年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)の人。浄土宗。鎌倉光明寺の慶順のもとで出家し,上総選択寺などをひらく。文明14年(1482)光明寺をつぐ。明応4年後土御門(ごつちみかど)天皇の帰依をうけて光明寺が勅願寺となり,代々の住持に紫衣着用がゆるされた。浄土宗ではじめて十夜(じゅうや)法要をおこなった。永正(えいしょう)6年11月8日死去。84歳。字(あざな)は如空,浄業。号は長蓮社観誉。著作に「二蔵頌義見聞」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祐崇の関連情報