コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐崇 ゆうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐崇 ゆうそう

1426-1509 室町-戦国時代の僧。
応永33年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)の人。浄土宗。鎌倉光明寺の慶順のもとで出家し,上総選択寺などをひらく。文明14年(1482)光明寺をつぐ。明応4年後土御門(ごつちみかど)天皇の帰依をうけて光明寺が勅願寺となり,代々の住持に紫衣着用がゆるされた。浄土宗ではじめて十夜(じゅうや)法要をおこなった。永正(えいしょう)6年11月8日死去。84歳。字(あざな)は如空,浄業。号は長蓮社観誉。著作に「二蔵頌義見聞」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

祐崇の関連キーワード光明寺(神奈川県)戦国時代伊東祐永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祐崇の関連情報