コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄業 ジョウゴウ

4件 の用語解説(浄業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ごう〔ジヤウゴフ〕【浄業】

仏語。
清浄な正業。善業。
浄土往生のための正業、すなわち念仏。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄業 じょうごう

1187-1259 鎌倉時代の僧。
文治(ぶんじ)3年6月18日生まれ。律宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺,奈良の諸寺で顕密二教をまなぶ。建保(けんぽ)2年宋(そう)(中国)にわたり,鉄翁守一より具足戒をうける。帰国後京都に戒光寺を創建。天福元年ごろふたたび宋にわたり,帰国後太宰府に西林寺,京都に東林寺をひらいた。正嘉(しょうか)3年2月21日死去。73歳。字(あざな)は法忍。号は曇照(どんしょう)。

浄業 じょうぎょう

じょうごう

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうごう【浄業】

〘仏〙
清浄な正業。善業ぜんごう
念仏。 「 -さかりにすすめつつ/高僧和讃」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄業の関連情報