コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅願寺(読み)ちょくがんじ

百科事典マイペディアの解説

勅願寺【ちょくがんじ】

勅願所とも。天皇の発願によって建立され,また天皇の帰依を受けた寺。古代には御願寺(ごがんじ)のうちで,鎌倉時代以後御願寺が増え,この勅願寺の呼称がおこる。普通は本尊の脇に天皇の寿牌(じゅはい)または位牌を安置して,聖寿無窮を祈願する。1871年にこの制はすべて廃止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくがんじ【勅願寺】

天皇の勅願で建立された寺,もしくは綸旨により勅願寺となった寺。勅願所ともいう。奈良時代の薬師寺,東大寺,国分寺,国分尼寺などの官寺,平安時代の天皇御願寺(ごがんじ)の系譜をひくもので,勅願寺の名称は中世以後である。早い例としては《吾妻鏡》文治4年(1188)9月3日条に勅願寺領年貢のことがみえ,金剛心院,蓮華王院の名があがるが,御願寺,勅願寺の明確な区別はみえていない。中世・近世を通じて各宗派の大寺や霊験所,足利尊氏・直義発願の安国寺をはじめ,有力武将建立の寺院などが勅願寺とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょくがんじ【勅願寺】

天皇の発願によって建てられた寺。また、特にそれに準ずる扱いを受けるようになった寺。鎮護国家、皇室の安泰・繁栄などを祈願する。大安寺・薬師寺・東大寺・法勝寺など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勅願寺
ちょくがんじ

天皇の発願によって鎮護国家、皇室安全を祈るために建立された寺院、あるいはそのために指定された既存の寺院。御願寺(ごがんじ)、勅願所とも称される。勅願寺の初めは、聖徳太子が創建し舒明(じょめい)天皇・天武(てんむ)天皇が移転改称にかかわった奈良大安寺(だいあんじ)とされる。奈良時代にはほかに文武(もんむ)天皇の薬師寺、聖武(しょうむ)天皇の東大寺、同じく聖武天皇の勅願により741年(天平13)に諸国に建立された国分寺・国分尼寺などがある。平安時代の創建にかかるものでは桓武(かんむ)天皇の東寺(とうじ)・西寺(さいじ)・延暦寺(えんりゃくじ)、嵯峨(さが)天皇の大覚寺、光孝(こうこう)天皇の仁和寺(にんなじ)、醍醐(だいご)天皇の醍醐寺などがあり、鎌倉時代には亀山(かめやま)天皇の南禅寺がある。なお、既存の寺院でも勅願寺に定められることによって権威を誇示しようとして、それを定める綸旨(りんじ)を求める寺が少なくなかった。勅願寺の制は1871年(明治4)に廃止されるまで存続された。[廣瀬良弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勅願寺の関連情報